• ホーム
  • 住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業
本事業は、「福泊川東町内会地区および海吉出村町内会地区」を対象として、2015年~2016年2月に実施いたしました。
現在、補助金の受付(無料住宅診断、リフォーム補助)は終了させていただいております。

平成26年度住宅ストック活用・リフォーム推進事業のうち住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業を実施する者の公募(第2回)の審査結果について (国土交通省ホームページが開きます)

「住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業」について

  • 事業目的

    国土交通省が募集したモデル事業で、高齢化社会の進展や人口減少への備えとして、対象地域の皆さまへの住まいの有効活用や暮らしについての情報提供や利便施設の検討などを通じて不動産流通を促進し、地域の活性化や空き家などの問題を皆さまとともに考え、安心して住み続けられるまちづくりを推進するため

  • 事業期間

    平成27年5月から平成28年2月まで(住宅診断、リフォームなどの補助終了)
    また、事業期間終了後も事業目的の内容の取り組みを継続し、皆さまのまちづくりをサポートいたします。

  • 事業内容

    1. アンケートや意見交換などにご協力いただき、住まいの有効活用のご意向や対象地区の現状と将来について皆さまとご一緒に考えてまいります。
    2. 住まいの有効活用や暮らしについての情報提供とご相談に対応いたします。
      皆さまの住まいや暮らしのお悩みについて専門家がワンストップで対応し、解決に導きます。(原則:相談料無料)
      (ご希望される方については住宅診断やリフォームの補助金をご利用できます。)
    3. 上記1でのアンケートで住民の皆さまから利便施設の設置についてご意向がある場合はその誘致活動をいたします。
  • 事業の対象となる地区

    岡山市中区 福泊川東町内会及び海吉出村町内会の住宅地

  • 事業内容の詳細

    • 住宅診断(インスペクション)が実質無料にて利用できます。(戸当たり上限が10万円まで)
      住宅診断を行うことにより住み続けるための管理上や将来、売却や賃貸する場合に診断の結果が役立ちます。
    • 売買・賃貸される住宅については、リフォームの工事費用について1/3の補助が受けられます。(戸当たり上限が100万円まで)
      一定の条件を満たす耐震・省エネ・バリアフリー・防水に伴うリフォームに補助金が利用できます。
    • 住宅診断(インスペクション)とリフォームの補助金利用については、条件等がございますので、お問い合わせ下さい。
  • 参加企業

  • ●実施体制

    住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業 実施体制
  • モデル事業の内容やご相談、住宅診断、リフォーム補助などに関するお問い合わせは、岡山住まいと暮らしの相談センター(運営:岡山不動産鑑定事務所)までご連絡下さい。岡山住まいと暮らしの相談センター専用ダイアル:070-5054-5456